・TOP >・47エッセイコラム

47エッセイ 「 旅と食、人生を楽しむほんわかエッセイ 」ライターLINE UP

47都道府県 イラストで名所巡り♪  本山浩子

-N0.14-  山形県「蔵王・樹氷」冬

山形県「蔵王・樹氷」冬 冬といえば、スキー、スノーボード、アイススケートなど、ウィンタースポーツが楽しみな季節です。イラストレーターになる前、私がまだ会社員をしていた頃、スキー再熱とスノーボードが流行っていました。私もスノーボードに夢中になりました ...
(2017年12月21日)
記事全文へ

台所から旬だより  高倉知子

2018年は自分磨きの年!老若男女みんな上質な美しさを手に入れよう

八方除けの守護神 寒川神社 今までも何度かお伝えしてきましたが、東洋運命学での新年は立春(2月4日)からで、この日を境に運気や吉凶方位などが変わります。変わり目というものは何かと不調が出やすいものですが  ...
(2018年1月28日)
記事全文へ

アジアが恋しい!お腹もまんぷく美味しい食紀行
伊能すみ子

フレッシュココナッツを求めてタイの旅

ココナッツ アジア屈指の観光大国といえばタイ!名物料理もたくさんあり、日本でもグリーンカレーやマッサマンカレー、カオマンガイなどが人気ですよね。近年では、空前のパクチーブームもあり、より一層タイ料理が身近な存在になっているので...
(2017年3月15日)
記事全文へ

五感で感じるエッセイ『イン・ラケ'ッチ!』
白川ゆり

18. 小さな魔法使いに招かれて ― ラトビア共和国

風景 何気ない小さな出会いが、人生を変えてしまう時さえある。それは、偶然じゃなく、きっと、誰かがかけた小さな魔法なのだ。今日のその出会いが新しい未来の始まりかもしれない。ふと立ち寄った街角のお店。店内いっぱいにカラフル...
(2017年11月25日)
記事全文へ

春夏秋冬「ゆる伊豆」だより  小林ノリコ

-N0.11- 伊豆の国市発「国清汁」をメジャーにしたい!

国清汁の調理例 伊豆の国市韮山といえば、2015年に世界遺産に登録された「韮山反射炉」が有名だ。その反射炉の近くにある古刹・国清寺(こくしょうじ)には、600年以上前から「国清汁(こくしょうじる)」という汁物が伝わっている。鎌倉時代の...
(2018年1月28日)
記事全文へ

旅は私の宝箱  古野直子

静寂の理由 −ノルウェー−

デンマークの風景 ”自然の沈黙” 景色をそんな風に感じたのはこれが初めてのことだった。一昨年の夏行ったノルウェーのソグネフィヨルド。それは旅行前のイメージとは少し違っていた。”フィヨルド観光の北欧ツアー”にはそのツアー代金の高さからなかなか...
(2017年12月21日)
記事全文へ

信号はMIDORI色。さあ、渡ろ。  MIDORI

中東は異文化の国。実は異なった国から来た様々な人たちが持ち込んだ文化の国なんだ。(後編)

日常会話では肩書にとらわれず上司も部下も互いにファーストネームでフランクに会話ができるという海外の習慣は知ってはいても、実際にそれを体験するとカルチャーショックでもある。またこのラフさが非常に居心地いい。
(2015年10月23日)
記事全文へ

めざせ全国制覇!口福なひとときを求めて〜 杉浦美佐緒

-N0.9- 豊かな香りと琥珀色の余韻に酔いしれる山梨の旅

森の中に聞き覚えのあるフレーズが流れています。「♪ダン・ダン・ディダン・シュビ・ダダン…」という耳になじんだあのメロディ。これはなんだっけ…。ゆっくりと記憶の底から立ち上ってきたのは、「恋は遠い日の花火ではない」というキャッチコピーで、長塚京三や田中裕子 ...
(2014年12月8日)
記事全文へ

いいことも悪いことも  鵜飼臣人

-N0.1- 雪の中で

先日、東京にかなりの雪がふった。こんなに東京でふるのは数十年ぶりだとテレビで騒いでいた。若いころ、私は富山に住んでいたことがあり、雪国での生活を、身をもって体感した。
(2014年2月20日)
記事全文へ