・TOP >・47エッセイコラム

47エッセイ 「 旅と食、人生を楽しむほんわかエッセイ 」ライターLINE UP

47都道府県 イラストで名所巡り♪  本山浩子

-N0.15-  愛知県 「名古屋城」 春

愛知県 「名古屋城」 春 15回目は愛知県の「名古屋城」です。 東京から名古屋へは新幹線で2時間弱で到着します。 東京から近いこともあり、思い返してみると仕事とプライベートで4度訪れました。初めて行ったのは大学2年生の時。カナダのホームステイ先で知り ...
(2018年3月28日)
記事全文へ

台所から旬だより  高倉知子

二十四節気を知ろう! 〜6月21日「夏至」の開運ポイント〜

大根をお供えするお寺 みなさんは「二至二分(にしにぶん)」という言葉をご存知でしょうか? 季節の移り変わりを表す暦「二十四節気」と関係しているもので、二至とは「夏至と冬至」のこと、二分とは「春分と秋分」のことです。 薬膳や東洋運命学  ...
(2018年6月1日)
記事全文へ

アジアが恋しい!お腹もまんぷく美味しい食紀行
伊能すみ子

フレッシュココナッツを求めてタイの旅

ココナッツ アジア屈指の観光大国といえばタイ!名物料理もたくさんあり、日本でもグリーンカレーやマッサマンカレー、カオマンガイなどが人気ですよね。近年では、空前のパクチーブームもあり、より一層タイ料理が身近な存在になっているので...
(2017年3月15日)
記事全文へ

五感で感じるエッセイ『イン・ラケ'ッチ!』
白川ゆり

20. 受け継ぐもの

ピラミッド ク’クルカンピラミッド マヤは、中米のユカタン半島に位置し、現在のメキシコ・グァテマラ・ベリーズ・ホンジュラス・エルサルバトルの5カ国にまたがり、高度な天文学や数学を用いたことで知られる古代文明である。
(2018年6月1日)
記事全文へ

春夏秋冬「ゆる伊豆」だより  小林ノリコ

-N0.12- 松崎町の桜葉は日本食文化の写し鏡

松崎町の桜餅 西伊豆地区にある賀茂郡松崎町は、和菓子などに使われる「桜葉」の一大産地。日本国内で生産される桜葉の約7割が松崎町産である。この地で栽培されている桜葉は、オオシマザクラという品種。桜葉の香りの元となる「クマリン」という成分...
(2018年4月28日)
記事全文へ

旅は私の宝箱  古野直子

初対面のイタリア

初対面のイタリア 25年前の秋、 ”フランスのパリとイタリアのローマを旅しよう。” と思い立ちました。まだその頃は海外旅行の経験も少なく、”とにかく有名なヨーロッパの都市を訪れたかったのです。ちょうどその時期、友人がヨーロッパを周遊するという...
(2018年3月28日)
記事全文へ

信号はMIDORI色。さあ、渡ろ。  MIDORI

中東は異文化の国。実は異なった国から来た様々な人たちが持ち込んだ文化の国なんだ。(後編)

日常会話では肩書にとらわれず上司も部下も互いにファーストネームでフランクに会話ができるという海外の習慣は知ってはいても、実際にそれを体験するとカルチャーショックでもある。またこのラフさが非常に居心地いい。
(2015年10月23日)
記事全文へ

めざせ全国制覇!口福なひとときを求めて〜 杉浦美佐緒

-N0.9- 豊かな香りと琥珀色の余韻に酔いしれる山梨の旅

森の中に聞き覚えのあるフレーズが流れています。「♪ダン・ダン・ディダン・シュビ・ダダン…」という耳になじんだあのメロディ。これはなんだっけ…。ゆっくりと記憶の底から立ち上ってきたのは、「恋は遠い日の花火ではない」というキャッチコピーで、長塚京三や田中裕子 ...
(2014年12月8日)
記事全文へ

いいことも悪いことも  鵜飼臣人

-N0.1- 雪の中で

先日、東京にかなりの雪がふった。こんなに東京でふるのは数十年ぶりだとテレビで騒いでいた。若いころ、私は富山に住んでいたことがあり、雪国での生活を、身をもって体感した。
(2014年2月20日)
記事全文へ