・TOP・47エッセイ>・47エッセイコラム43

47エッセイコラム

「台所から旬だより」  高倉知子

「薬膳食材で九月病を吹き飛ばせ!」

全国各地で猛暑日が続いた夏も終わり、秋の気配が感じられるようになりましたね。
「食欲の秋」「行楽の秋」「芸術の秋」などと称されるよう、過ごしやすい気候のこれからの時期は楽しいことが盛りだくさん!

でも、そんなわくわく気分の秋本番の前に訪れるのが「五月病」ならぬ「九月病」。
どうも疲れがとれない。やけに眠たかったり、反対に眠れなくなったり。
なんだか気持ちが落ち着かない、どうにもやる気が出てこない。
物悲しい気持ちになったり、心がそわそわして不安な気持ちになったり。

みなさんもそんな症状が気になったことはありませんか?
もしかしたらそれは「九月病」かもしれません。

ムシムシ・ジメジメした夏の暑さによってダメージを受けた身体が、気温や日照時間の変化などについていけず、さらに疲れることによって起きるとか。
お盆休み・夏休みなど「お休みモード」から「仕事モード」に切り替える際のストレスから起きるともいわれています。

実は薬膳でも「秋」は「悲・憂」の感情にとらわれやすい時期と考えます。
外に発散していく「陽の季節(春夏)」から、内に蓄えていく「陰の季節(秋冬)」に変化する中、悲しみが生じやすいといわれているのです。
これはある意味「自然な感情」なので、「なんとなく物悲しい」といった感情をそのまま受け入れるのも悪い事ではありません。

でも、蒸し暑かった夏も終わり、涼しくなって過ごしやすくなる秋に、ネガティブな感情にとらわれ過ぎるのはもったいないですよね。

金針菜こんな時こそ「薬膳の知恵」の出番というわけで、今回はおすすめの薬膳食材をご紹介したいと思います。
それは何かというと、憂いを忘れるという「忘憂菜(ぼうゆうさい)」という別名まで持つ「金針菜(きんしんさい)」です。
金針菜は心の安定と深い関わりを持つ五臓の「肝」の働きを助け、心と身体を潤わせるという「補血」の効能があるといわれています。

写真は、そんな素晴らしい効能を持つ金針菜とあさりで作った焼きそばです。
春と秋に「旬」を迎えるあさりには、「補血」や「安神」といった効能があるので、金針菜との組み合わせは「九月病」の症状にぴったり!

あさりと金針菜の焼きそばそうそう、薬膳では「春」も心が不安定になりやすい時期と考えます。
やっぱり「旬のものを意識して食べる」ということは、それだけでもう「薬膳」なんですよね。

気候が穏やかで過ごしやすい秋は「身体と心を整えやすい時期」だといえます。
夏の疲れをひきずったまま「九月病」にならないよう、そして楽しい秋を過ごせるよう、からだによくておいしい旬のものを食べましょうね!

 


[高倉知子 プロフィール]
うなぎ薬膳料理のマンツーマンレッスン『楽しく薬膳』主宰 「おうちごはんで薬膳を!」がモットー。カウンセリングによる薬膳アドバイス、薬膳イベントやセミナー講師、地域情報サイトやネットショップへの薬膳レシピ&レクチャー提供など幅広く活動中。

自他ともに認める「くいしんぼ」で食べたがりの作りたがり。料理講師はまさに天職?? 最近のテーマは、「薬膳」と深いつながりのある「九星気学」の知恵を活かして「おいしく食べて心身ともに健やかに、そして運のいい人になる」ということ。




ページ上に戻る

47エッセイ

47エッセイ

プレスリリース無料作成

プレスリリースを無料で作成します

プレスリリース無料作成

メールマガジン登録

月1回のメールマガジンの登録をお願い致します

メルマガ登録

47PRアンテナショップ

47PRアンテナショップ

コンタクト47PR

Facebook