・TOP・47エッセイ>・47エッセイコラム56

47エッセイコラム

「台所から旬だより」  高倉知子

「ざわつく2016年をどう過ごす?」

今年に入ってからなんだか世の中が「ざわついて」いませんか?
芸能界では、人気タレントとバンドマンの不倫疑惑、国民的アイドルとも言われるグループの解散騒動、お笑いタレントの5股疑惑。
政界でも、政治とカネの疑惑により大臣が辞任したり、不倫発覚により育休取得を希望していた議員が辞職したり。
数え上げたらキリがないくらい、あらゆる「隠し事」が明らかになっています。

実はこれ、九星気学からも読み取れる出来事なんですよ。

2016年は「丙申(ひのえさる)」という年。
天の気を表す「丙」は輝く太陽やすべてを燃やし尽くす炎に例えられることから、隠れていた(隠していた)物事に明かりを当て、白日の下にさらすと言われています。
また、相場の世界に「申酉騒ぐ」という言葉があるように、地の気を表す「申」の年は何かと荒れるとも言われています。
つまり、2016年までに何かしら後ろ暗いことをしてきた人、問題を見て見ぬ振りして先送りにしてきた人。 そんな人にとっては「覚悟の年」になるというわけです。

「今年はなんて怖い一年なんだ…」と思われた方、安心してください。 古代中国の哲学思想である東洋運命学では、物事には必ず「陰と陽」というふたつの相反する面があると考えます。
隠し事が「バレる」というのは陰の面ですが、陽の面は「日の目を見る」ということ。
今まで地道にコツコツがんばってきたのに、どうもパッとしない状態だった人が、世の中に認められるといったことだって起こるんです。

隠し事が「バレる」のか、「日の目を見る」のかは、その人の今までの生き方次第ということ。
では、何が起きたとしてもそのことを素直に受け入れ、よりよい1年にするためには、一体どうしたらよいのでしょうか?

それは、自分の体質に合ったものを食べ、季節に合った養生を心がけ、自分の居場所を整理整頓し、掃除をして部屋を綺麗に保ち、心穏やかに暮らす。
つまり、「体と心、暮らしを整える」ということ。
「なーんだ、そんなことなのか」という声が聞こえてきそうですが、一見簡単そうに思えて、なかなかできないことではありませんか?

また、思い切って吉方位に引っ越したり、旅に出たりといった「方位学」の知恵をいかすといった方法もあります。
自分にとって吉方位になる土地での過ごし方が、運気のバランスを整えてくれます。
そうそう、旅に出た際には、その方位と関係する「食べ物(ラッキーフード)」を食べることによって効果が倍増するとも言われています。
例えば、南西もしくは「二黒土星」という星が乗っている方位に出かけた場合、五味の「甘味」、食べ物で言えばお餅や煮豆、穀物類や芋類などがラッキーフードになります。

おはぎ2016年「丙申」の年がどんな1年になるのか、怖いような、楽しみなような。
自分のことはもちろん、みなさんの今年1年がどんなものかも興味津々です。

 









[高倉知子 プロフィール]
うなぎ薬膳料理のマンツーマンレッスン『楽しく薬膳』主宰 「おうちごはんで薬膳を!」がモットー。カウンセリングによる薬膳アドバイス、薬膳イベントやセミナー講師、地域情報サイトやネットショップへの薬膳レシピ&レクチャー提供など幅広く活動中。

自他ともに認める「くいしんぼ」で食べたがりの作りたがり。料理講師はまさに天職?? 最近のテーマは、「薬膳」と深いつながりのある「九星気学」の知恵を活かして「おいしく食べて心身ともに健やかに、そして運のいい人になる」ということ。




ページ上に戻る

47エッセイ

47エッセイ

プレスリリース無料作成

プレスリリースを無料で作成します

プレスリリース無料作成

メールマガジン登録

月1回のメールマガジンの登録をお願い致します

メルマガ登録

47PRアンテナショップ

47PRアンテナショップ

コンタクト47PR

Facebook