・TOP・47エッセイ>・47エッセイコラム71

47エッセイコラム

「台所から旬だより」  高倉知子

「食材高騰に負けるな! 〜乾物のすすめ〜」

薬膳白和え全国的な天候不順、自然災害の影響で野菜やさんまなど食材の高騰が続いています。
「この時期ならではの楽しみ!」と待っていた旬の野菜や魚に思わぬ高値がついているのを見て財布の紐を握りしめることもしばしば。
当たり前のように思っていた旬のものをシンプルに食べるといったことが、こんなにもはかないものだったなんて…。と、ついついぼやいてしまいます。

薬膳の基本は「旬のものを、そのままの形に近い状態で、シンプルな調理法で食べること!」と言い続けてきましたが、今年のこの状況では難しいかもしれません。

とは言え、大事に育てた作物を無事に収穫できなかった生産者の方々を思ったら、そう嘆いてばかりはいられません!
どんな時でも、様々な知恵と工夫をいかすことが大事ですよね。

というわけで、今わが家で大活躍しているのが冷凍野菜や乾物です。
旬の時期に収穫したものを急速冷凍したり、乾燥させたりすることによって長期保存が可能になった食材の数々に助けられています。
冷凍野菜と乾物、どちらも使い勝手がよいものですが、乾物のよさは便利さだけではありません。
「干す」ことによって栄養価は高まり、旨味や香りもギュッと濃縮!
基本的に水やぬるま湯で戻すだけ、戻し汁も料理に使えるお助け食材の乾物。
実は、薬膳食材と言われる「食薬」も含まれているんです。
食薬というと「なかなか手に入らないものでは?」と思われるかもしれませんが、身近な食材の中にもたくさんあるんですよ。
たとえば、胡麻や黒木耳(黒きくらげ)などは「血」を作ったり、巡りをよくしたりする働きがあることから、普通の食材よりも効果が高いと言われる食薬に分類されます。
そう聞くと、ふだん何気なく食べているものも薬膳料理になるということがわかりますよね。

筍とわらびの炊き込みご飯と筍とわらびの煮物ところで、食材高騰も気になりますが、この時期に気になると言えば「乾燥」ではありませんか。
そこで、食材高騰にも負けず、乾燥対策もできる薬膳料理を紹介したいと思います。
それは何かというと「白和え」です。
秋の食養生におすすめ食材の豆腐と白胡麻で和え衣を作り、肌や髪の乾燥トラブルに効果抜群の黒木耳や金針菜、枸杞(くこ)などを加えて作る「薬膳白和え」はレッスンでも人気メニューのひとつなんですよ。
白和えに欠かせない豆腐は、通年価格が安定している上に栄養価も高く、家計の味方の食材です。
黒木耳などの食薬もお手頃価格で手に入るので、ぜひこの機会に色んな料理に使ってみてくださいね。

あらゆる食材が高騰している今、そして肌や髪の乾燥が気になるこの時期、旨みや栄養がギュッとつまった乾物生活をはじめてみませんか?




[高倉知子 プロフィール]
うなぎ薬膳料理のマンツーマンレッスン『楽しく薬膳』主宰 「おうちごはんで薬膳を!」がモットー。カウンセリングによる薬膳アドバイス、薬膳イベントやセミナー講師、地域情報サイトやネットショップへの薬膳レシピ&レクチャー提供など幅広く活動中。

自他ともに認める「くいしんぼ」で食べたがりの作りたがり。料理講師はまさに天職?? 最近のテーマは、「薬膳」と深いつながりのある「九星気学」の知恵を活かして「おいしく食べて心身ともに健やかに、そして運のいい人になる」ということ。




ページ上に戻る

47エッセイ

47エッセイ

プレスリリース無料作成

プレスリリースを無料で作成します

プレスリリース無料作成

メールマガジン登録

月1回のメールマガジンの登録をお願い致します

メルマガ登録

47PRアンテナショップ

47PRアンテナショップ

コンタクト47PR

Facebook