・TOP・47エッセイ>・47エッセイコラム 78

47エッセイコラム

「台所から旬だより」  高倉知子

2017年のラッキーフード? 〜薬膳鍋のすすめ〜

五行説な薬膳素材昨年のエッセイで「2016年はあらゆる隠し事が明らかになる年」と書いたのですが、芸能人や政治家の不倫騒動、泡沫候補だと思われていたトランプ氏の当選など、まさにそんな1年でしたよね。

では、2017年は一体どんな年になるのでしょうか。
世の中の価値観が変わる、自分の考え方が変わる、働き方が変わるなど。
どんな人でも、望むとも望まざるとも、それぞれの立場で大なり小なりの変化が起きる「変化・転換の年」です。
ですから、その変化と向き合い、自分らしく楽しく前に進んでいくことが大事な1年と言えます。

そんな2017年「丁酉(ひのと・とり)」年について、もう少し詳しくみてみましょう。
「丁」という漢字は「釘」を表すことから「固定する/安定させる」という意味が、「酉」という漢字は「醸す」を表すことから「発酵/成熟」という意味があります。
そこだけをみると「成熟した世の中になって安定した1年になる」と言いたくなりますが、そうは簡単にいきません。
「丁酉」を「五行説」にあてはめると、丁は天の気で火、酉は地の気で金になり、「火(天)は地(酉)を尅す(こくす)」という関係になります。
「尅す」を簡単に言うと、相手をやっつけるということ。
つまり、天と地がケンカしている状態なので、世の中に安定を求める空気がありながらも、全体の動きは激しく、落ち着かず、様々な問題が生じてくる1年になります。
例えば、国際紛争、水災害、心の隙間を狙うかのような詐欺、前年に引き続き不倫など。
いやはや、今年もなかなか大変な1年になりそうです。

薬膳鍋波乱含みの2017年、心身ともに健やかで、運気よく過ごすためにはどうすればいいのでしょうか。
運命学にはラッキーカラーやラッキースポットなど運気をアップさせる方法が色々とありますが、薬膳料理講師の私がお伝えしたいのはやっぱり食べ物。
というわけで、2017年のラッキーフードをご紹介します。
食材では魚介類や豆腐、調理法では汁物など。つまり、冬の定番「鍋もの」がラッキーフードになるんです!
世の中には色んな鍋ものがありますが、ここはひとつ薬膳の知恵をプラスした「薬膳鍋」をおすすめします。

でも、なぜラッキーフードに薬膳が必要なのでしょうか。
それは、身体も心も運気も、停滞して淀んでいてはダメだから。
薬膳では「気・血・水」が過不足なく体内にめぐっている状態を健康とし、運命学では「めぐり合わせがよい人」を運のよい人と考えます。
どちらも「めぐり」が大事なのですから、「気・血・水」のめぐりをよくする薬膳スープでラッキーフード「鍋もの」を作れば一石二鳥というわけです。
そうそう、実は「お酒」も2017年のラッキーフードのひとつです。
お酒もめぐりをよくするものですから、お鍋に合わせてほどほどに楽しむのもいいものです。
変化・転換の2017年、ラッキーフードを食べたり飲んだりして運気をアップさせ、自分らしく楽しく過ごしましょうね!



[高倉知子 プロフィール]
うなぎ薬膳料理のマンツーマンレッスン『楽しく薬膳』主宰 「おうちごはんで薬膳を!」がモットー。カウンセリングによる薬膳アドバイス、薬膳イベントやセミナー講師、地域情報サイトやネットショップへの薬膳レシピ&レクチャー提供など幅広く活動中。

自他ともに認める「くいしんぼ」で食べたがりの作りたがり。料理講師はまさに天職?? 最近のテーマは、「薬膳」と深いつながりのある「九星気学」の知恵を活かして「おいしく食べて心身ともに健やかに、そして運のいい人になる」ということ。




ページ上に戻る

47エッセイ

47エッセイ

プレスリリース無料作成

プレスリリースを無料で作成します

プレスリリース無料作成

メールマガジン登録

月1回のメールマガジンの登録をお願い致します

メルマガ登録

47PRアンテナショップ

47PRアンテナショップ

コンタクト47PR

Facebook