・TOP・47エッセイ>・47エッセイコラム 88

47エッセイコラム

「台所から旬だより」  高倉知子

イライラ・不眠を解消!〜「苦味」のすすめ〜

ゴーヤ&ピーマン夏真っ盛り。
暑い日が続いて、どうにもイライラがおさまらないという人。
夜、眠ろうとすると胸のあたりがザワザワして、なかなか眠りにつけないという人はいませんか?
薬膳では、イライラや不眠と関係する五臓は「肝」と「心」と考え、春になるとカーッとなりやすかったり、夏になると胸のあたりがモヤモヤしやすくなったりするといわれています。
また、胸のあたりがザワザワする不眠は、過剰なストレスによって「肝」と「心」に負担がかかることによって起こります。
その他にも、不眠の原因の中には「食べすぎや飲みすぎ」もあるということはご存知でしたか?
カロリーを過剰摂取すると体の中に「痰濁(たんだく)」という老廃物が生まれます。
その痰濁によって「肝」と「心」が熱を持ち、不眠の症状が現れることがあります。

春や夏になると楽しいイベントが増えますし、開放的な気分にもなるので、つい食べすぎたり、飲みすぎたりする人も多いのでは?

ゴーヤパスタこれらは薬膳の基本「天人合一(てんじんごういつ)」という思想から説明ができます。
天人合一とは、天(自然環境・宇宙)と人は統一体であり、通じ合っているものという意味で、ざっくり説明すると、人の心と体は季節や自然環境と密接な関係を持っていて影響を受けているということ。
人の心といえば、人には「七情(怒・喜・思・悲・憂・恐・驚)」という七つの感情があります。
七情は「五臓(肝・心・脾・肺・腎)」と深い関係があって、怒は肝、喜は心に影響を与え合うといわれることから、春は肝の働きが乱れて怒りっぽくなりますし、夏は心の働きが乱れて喜びすぎることによって興奮しやすくなります。
ですから、天人合一思想においては、春や夏にイライラしやすいというのはある意味では自然なことなのかもしれません。
とはいえ、やっぱりイライラがおさまらない、夜寝付けないというのは困りもの。

チョコレートそんな時に役立つ薬膳の知恵があります!
それは五臓「心」の熱を冷ます働きがある「苦味」の食べ物を食べるということ。
「苦味」の食べ物には、苦瓜やピーマン、レタスや茶葉などがあります。
これらを積極的に食べたり飲んだりすることがイライラや不眠を解消することにつながります。
そうそう、チョコレートの原料カカオも「苦味」の食べ物で五臓「心」の働きを助けてくれるので、砂糖少なめの高カカオのチョコレートでしたら、イライラや不眠解消につながる「薬膳おやつ」になります。
なんにせよ、「食べすぎや飲みすぎ」は不眠につながりますから、「腹8分目」を心がけることは忘れないでくださいね。

今年の夏も猛暑・酷暑になるとか。

誰もがイライラしやすくなる時期ですから、苦味の食べ物を食べて心も体もクールダウンさせて、楽しい夏の思い出を作りましょう!



[高倉知子 プロフィール]
うなぎ薬膳料理のマンツーマンレッスン『楽しく薬膳』主宰 「おうちごはんで薬膳を!」がモットー。カウンセリングによる薬膳アドバイス、薬膳イベントやセミナー講師、地域情報サイトやネットショップへの薬膳レシピ&レクチャー提供など幅広く活動中。

自他ともに認める「くいしんぼ」で食べたがりの作りたがり。料理講師はまさに天職?? 最近のテーマは、「薬膳」と深いつながりのある「九星気学」の知恵を活かして「おいしく食べて心身ともに健やかに、そして運のいい人になる」ということ。




ページ上に戻る

47エッセイ

47エッセイ

プレスリリース無料作成

プレスリリースを無料で作成します

プレスリリース無料作成

メールマガジン登録

月1回のメールマガジンの登録をお願い致します

メルマガ登録

47PRアンテナショップ

47PRアンテナショップ

コンタクト47PR

Facebook