・TOP・47エッセイ>・47エッセイコラム 94

47エッセイコラム

「台所から旬だより」  高倉知子

秋の味覚を味わい尽くそう!「あったか果物」のすすめ

秋の食材

食欲の秋ですね〜。

秋の味覚といえば、新米、さんま、さつま芋、銀杏、栗、柿、梨、いちじく、ぶどう、りんごなど、数え始めたらきりがありません。
そんな秋の味覚の中で、みなさんがハマっているものってありますか?
薬膳料理講師として、運命学鑑定師として、体と心を整えて運をよくする食べものをお伝えしている私が最近ハマっているものは温かい果物です。
今まで「やっぱり果物はそのまま食べるのが一番!」と思っていたのですが、ここのところ蒸したり、焼いたり、炒めて食べる「あったか果物」に夢中です。
夢中になったきっかけは、レッスンの際に「果物を食べるとお腹が冷えるような気がする」とか「冷え性に果物ってよくないんでしょ?」というお声が多かったから。
そうそう、水分の多い果物って体を冷やすイメージがありますよね。
確かに、薬膳でも果物の多くが「寒涼性」に分類されています。

焼き柿ところで、薬膳の基本に「五気」というものがあります。
五気とは食べものが持つ働きを表す言葉で、体を温めたり、冷やしたり、そのどちらでもないといった性質を「寒・涼・平・温・熱」の5つに分類するというもの。
寒性の食べものには体を冷やしたり、潤したりする働きが、熱性の食べものには体を温めたり、気血の巡りをよくしたりするという働きがあります。
例えば、寒い冬は温熱性のものを食べて体の中から暖まる。暑い夏は寒涼性のものを食べて体の中から涼しくなる。
といったように、五気の働きを知っていれば季節に合った養生が無理なくできるのです。

冒頭でも書いたように果物の多くは「平〜寒涼性」に分類され、秋が旬の柿や梨、いちじくは涼性、ぶどうは平性です。
この五気は加熱したからといって「寒性→熱性」に変わるといったことは一部の例外を除いてほぼありません。
でも、火を通したり、温熱性の食べものと合わせたりすることによって、寒涼性の性質を緩和することはできるんです。
生のものとは違った食感や風味を楽しめる上に、体の冷えを気にしないで済むなんて、あったか果物は冷え性に悩む方におすすめの食べ方ですよね!

りんごのバターソテー

また、空気が乾燥してくる秋は空咳や声がれなどの症状があらわれやすくなります。
そんな時におすすめな果物は、五臓「肺」を潤して咳を止める働きを持つ柿や梨。
お腹や体が冷えやすい柿や梨でも、グリルで焼く、蒸し器で蒸すといったように加熱調理して食べればおいしくって体にいい薬膳おやつになるんですよ。

私もハマっている「あったか果物」、みなさんも食べてみませんか?

 

[高倉知子 プロフィール]
うなぎ薬膳料理のマンツーマンレッスン『楽しく薬膳』主宰 「おうちごはんで薬膳を!」がモットー。カウンセリングによる薬膳アドバイス、薬膳イベントやセミナー講師、地域情報サイトやネットショップへの薬膳レシピ&レクチャー提供など幅広く活動中。

自他ともに認める「くいしんぼ」で食べたがりの作りたがり。料理講師はまさに天職?? 最近のテーマは、「薬膳」と深いつながりのある「九星気学」の知恵を活かして「おいしく食べて心身ともに健やかに、そして運のいい人になる」ということ。




ページ上に戻る

47エッセイ

47エッセイ

プレスリリース無料作成

プレスリリースを無料で作成します

プレスリリース無料作成

メールマガジン登録

月1回のメールマガジンの登録をお願い致します

メルマガ登録

47PRアンテナショップ

47PRアンテナショップ

コンタクト47PR

Facebook